「偽りなき者」を見た感想(ネタバレあり)

見終わった直後。

一度見終わっただけなので、もしかしたら思い過ごしや思い違いがあるかもしれませんが、
とりあえず覚書として、記憶や感想が新しいうちに書き留めておきます。

まず言いたいことは、一度観たのでもう満足。

特に、主人公の飼い犬の話。
あのまま何事もなかったかのようなラストは、はっきり言って納得できない。
これはたぶん、監督の価値基準だと思う。
あのシーンは、単に観客の憎悪をかき立てるために挿入したのだと思うけど、
どうせなら人間でやってくれと思う。

まぁ、それと置いといて本題に入ると、
はっきりいってキャラクターの扱い方とストーリーの方がインパクト大きすぎて、
演技や技術的なことには、あまり意識が向かなかった。

この映画は大人の「無知」から来る貧弱な思考パターンを取り上げたものだ。
素人が疑惑を裁くと、こんな体たらくになるよという反面教師みたいな映画。
もう本当にあらゆるキャラクターが不快で仕方ない。
なぜその程度の情報で、人を裁くことができるのかと、見ている方が呆れてしまう。
主人公とその息子だけが(あとは最初から主人公側だった数人の大人)、まともなキャラクター。

念のため言っておくが、これは子供の嘘から発した物語じゃない。あの嘘は自然現象みたいなものだが、そこに火をつけたヒューマン・エラーこそが問題なのだ。
いや、ヒューマン・エラーというより、エラーなヒューマンだ。
「あんな無垢な子供が、嘘をつくわけない」という、心底唖然とするような何の根拠もない信念にしたがって、勝手に暴走する園長。
「おまえ本当に専門家か?」と叫びたくなるほどの露骨な誘導尋問を行う、園長の知り合い。
ちなみにこの知り合いは、その無知ゆえに自分が誘導尋問をしている自覚もなさげ。
そして、何の疑いもなく園長の言い分を信じる村の大人たち。
こんな人達が怒涛のごとく登場する。

でも主人公についても、クライマックスの行動はどうかと思う。
別に親友殴らなくてもよくね?と、見ながら思いました。
主人公の思いつめた心情を表現したかったのでしょうが、
それまでの主人公の描き方は、しっかりとした理性を有している人のそれだったので。
もしくは、「そういう人でも追い詰められると理性を失う」と言いたかったのでしょうか。
どちらにしても、ちょっと唐突感が否めないクライマックスでした。

そして、最後の最後で登場するシーン。ここで、主人公は狩猟のために森を歩いています。
そこである出来事が!!
まぁ、ネタバレ宣言してるからいいか。
どういう出来事かというと、森の中で主人公が狙撃されるのです。
弾丸は命中せず主人公は無事ですが、主人公の視界に走り去る人影が目に入ります。
つまり、明らかに狙撃者がいたのです。

これこそが、この映画の真髄です。
子供の嘘が露見し、疑惑は完全に晴れたにもかかわらず、
それを認めない人間がいるわけです。
まさに「自分の見たい現実しか見ない」人間。
繰り返しますが、冤罪は晴れているのです。
主人公が性的虐待を行った証拠が皆無どころか、完全に無実なわけです。
主人公の息子の狩猟免許取得をみんなが祝っているところを見ると、
主人公の親友は、自分の娘が嘘をついていたことを公表していると思います。
でなければ、主人公があそこまで村に受け入れられているとは思えません。
しかし、それでもなお、疑惑を持ち続ける大人がいるわけです。

そういう大人の思考パターンは、たいてい「感情」に侵食されています。
冷静で理論的な判断から生じるものではありません。
このうえなく理論的である「完全無実」「濡れ衣」「冤罪」という事実を覆すような思考パターンが、
狙撃者の中で構築されているということです。

この映画の唯一の救いは、主人公の息子。
親友の家に行く息子は、見ていてグッときた。

あー、あと一つ。
親友が主人公に「おまえは嘘をつくとき視線が泳ぐ」みたいなことを言い、
それが疑惑を増幅する結果になるのだけど、人は心理状態によって行動が変わるわけで、
あの嘘発見器にしたって、緊張状態によっては反応がでることもあるわけで、
素人が勝手に決めつけると、ろくなことにはならない好例。

最後にマッツ・ミケルセン。
この人は007のときから好印象なんですけど、今回の演技も素晴らしかったです。
表情に極端な落差がなく、喜怒哀楽の違いは微妙なんですけど、
スーパーのシーンや教会のシーンを見れば、心の内に秘めるエネルギーが見えてくるような、
感情の炎が伝わってくるようでした。
序盤の笑顔が次第に無表情になっていくのですが、
ふとしたことで、その無表情の中に感情が湧いてくる、そんな演技でした。

この映画を観ようと思ったきっかけは予告編でした。
予告編があったのでどういうストーリーからはっきりしていましたので、
それにどう決着をつけるのかに興味があったのと、
あとはマッツ・ミケルセンの演技を見たくて観た映画です。

けして見る価値のない映画ではないのですが、
はたしてこの映画に出るような大人がこの映画を観たとしても、
「自分の何が悪いのか」までは理解できないかもしれません。
それが残念でなりません。
うわさ話や思い込み、先入観や歪んだ正義は、すべて「無知」から始まります。
そして、「人間は見たいと望む現実しか見ない」というカエサルの名言が示す通り、
真実がそこにあったとしても、人間は「なかったこと」にできるわけです。
人を責める人は、たいてい自分も同じことをやっていますが、
そこには彼らなりの言い訳が存在しており、自分の行為は正当化されます。

なんか、この記事をスッキリ綺麗に終わらせる方法がわからなくなりましたので、
いったんここで終わります。

映画「エターナル・サンシャイン」の感想

テレビで映画を放送する一番の利点は、隠れた名作に出会うことができる点にあると思う。
しかも深夜の映画は夜の雰囲気も相まって、結構名作に出会う確率が高い(いや、夜は関係なかった)

「ある日どこかで」も「心の指紋」も、みんな深夜放送だった。

そして、久しぶりに掘り出し物発見。それが「エターナル・サンシャイン」だ。

この映画を撮った監督はミシェル・ゴンドリーという人だが、この人は「僕らのミライへ逆回転」という映画を撮った人でもある。

さてこの映画、何が一番面白いかというと、僕個人としては消されていく記憶の描写と、ミステリーのようなストーリー展開と、物語のオチだ。
そして、その土台となっている哲学。

なんの予備知識もなく観た映画なので、無心で観ることができたのがよかったのかもしれない。
たった一つの予備知識とすれば「失恋の苦痛から逃れるために、恋愛の記憶を消す」ということだけだった。

あまり詳しく書くとネタバレになるので触れないが、僕はあのオチは最高に好きだ。
ストーリーが進むとある程度オチの推測はつくのだが、素直な伏線のおかげで違和感なく受け入れられる。

そして何より土台となっている哲学について。
キャラクターによって語られてもいるその哲学は、まさに現代に通じる哲学だと思う。

「忘却はよりよき前進を生む」(ニーチェ)

これを文字通り読めば、主人公達の行為は正当に思える。
だが、その過程を追っただけでは映画にはならない。
映画のストーリーとして成立させるためには、やはり価値観の逆転が必要なのだ。
その逆転を担うもう一つの哲学がアレグサンダー・ポープの詩だ。

「幸せは無垢な心に宿る。忘却は許すこと。太陽の光に導かれ、陰りなき祈りは運命を動かす」
(アレグザンダー・ポープ)

「忘却は許すこと」という部分の言語は「the world forgetting, by the world forgot」というので、もしかしたら本当のニュアンスは違うのかもしれない。
ちなみに、「太陽の光に導かれ…」という部分が、映画の原題である「Eternal sunshine of the spotless mind」で、「無垢な心の果てしない陽光」というらしい。
この詩が書かれたのは1717年らしいので、もしかしたら今の訳は通用しないかもしれない。
ただ、日本語訳でも十分意味は通じると思う。
つまり、ニーチェとポープを続けて読めばいいのだ。

忘却はよりよき前進を生む。
忘却は許すこと。

つまり、「忘却」=「許すこと」であり、「許すことでよりよい前進を生む」ということではないだろうか。
物理的に記憶を消し去るのではないのだ。記憶を消すだけでは、また同じことを繰り返す恐れがある。
そうではなくて、許すことでその出来事を手放し、次へ進もうということだ。
そして、これがこの映画のテーマであり、そのテーマだからこそ、映画のオチはあれで良い。
オチがあれで良いからこそ、伏線もキャラクターもあれで良いのだと思う。

とにかく記憶が消えていく過程は秀逸。
記憶が消されていく過程で登場した海辺の家のシーンで、主人公とヒロインが向かい合う姿には、キャラクターに同調してしまった。脚本も確かにいいが、演出も好きな方だ。