ATOMエディターがフリーズしてしまった場合の対処

私の場合は複数のタブを開いたまま閉じてしまい、再びATOMを起動したところ、起動はすれど「エディターが固まってますよ」というメッセージを残して、ATOMが仕事をしてくれなくなりました。

そこで以下のオプションをつけてATOMを起動します。
下記はwindowsの場合です。コマンド・プロンプトを開いて、atom.exeまでのフルパスを指定した後ろに、下記のようなオプションをつけてエンター!

$ atom.exe --clear-window-state

これで、前回の状態をクリアでき、開いていたタブも閉じてくれます。
ただ、windowsの場合はAppData内にatom.exeがいますし、しかも複数のatom.exeがいるので、
バージョン番号がついたフォルダを探してみてください。

$this->logが使えないところでCakeのログを出力する方法

例えばVendor内のclassファイルでログを出力したい場合などで使えます。

CakeLog::write({ログ名},{ログデータ});

通常の$this->log とはパラメータが逆ですので、ご注意ください。

 

ターミナルでGITの文字色を設定する

未設定の場合、GITのコマンドラインはすべてターミナルのデフォルト色

下記設定をすれば、例えばgit statusやgit diffなどを実行した場合、
変更箇所に色をつけてくれる。

git config --global color.ui true

以上

Windows10でスタートアップのプログラムを設定する

windows7ではスタートメニューの中に「スタートアップ」フォルダへのショートカットがあったのですが、
windows10ではなくなっているので、自分でフォルダを開かなければなりません。
フォルダは以下の場所にあります。

◎自分だけに適用されるスタートアップ
C:\ユーザー\(ユーザ名)\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

◎全ユーザーに適用されるスタートアップ
C:\ProgramData\Microsoft\Windows\スタート メニュー\プログラム\スタートアップ

上記フォルダに、windows起動時に合わせて起動したいプログラムのショートカットを置いておきます。

変更されたファイルを知る方法(何も知らずにPULLするのは怖い)

私は小心者なので、変更されたファイルが何かも知らずに公開サーバーを更新するのが怖くて仕方ありません。

そこで、更新をかける前に「どのファイルが更新されるよ」という情報を得ることにしました。

「このファイルが更新されてるよ」=「このファイルが変更されてるよ」

上記の公式に基づき、FETCHとDIFFで情報を得ます。

※注意
この操作は、私の環境でうまくいったものですが、みなさんも同様の結果が得られる保証はありませんので、実行する場合は自己責任で慎重に行ってください。

(1)FETCH

リモート・リポジトリにいる状態で、ワーキング・ツリーからFETCHします。

# git fetch

これでワーキング・ツリーの最新情報が取得できました。

(2)DIFF

ワーキング・ツリーの最新情報とリモート・リポジトリのHEADを比較し、変更されたファイルを取得します。

# git diff HEAD..FETCH_HEAD --name-only

これを実行すると、ターミナルの画面に対象ファイル名がずら~っと表示されます。

その一覧を見て、意図しないファイルが含まれていないか確認します。
問題なさそうなら、PULLしちゃいましょう。
コンフリクトが起こっている場合は、

#git merge

で解決するかどうか試してみてください。

(3)PULL

DIFFをとって変更箇所を確認すれば、ようやく安心できるようになります。
では、リモート・リポジトリを更新しましょう。

# git pull