日常

日々の行動は脳を従える訓練なのだ

まじめにブログ書こう。サボり始めるとそれが普通になってしまう。
日々の他愛もないことだっていいじゃないか。興味ない人は読まないだろうし。

ってことで昨日の他愛ない出来事。
食事の新たなスケジュールについて。
食欲が戻っていたのか、久しぶりに体重を量ってみると、少し増えてた。
まぁ、許容範囲内だけど、この調子で食べ続けるのも考えものなので、
少し食事スケジュールを見直しました。

<見直し前>
朝:サンドイッチ(食パン2枚で作ったやつ)(自作)
昼:スーパーの弁当
夜:普通の晩御飯(自作)
間食:昼食後と夕食後(とくにチョコレート)

<見直し後>
朝:サンドイッチ半分(食パン2枚で作ったやつを半分に切ったもの)(自作)
昼:スーパーのおにぎりと惣菜1品
夜:普通の晩御飯(自作)
間食:おやつにサンドイッチ残り半分

これでどうだ。

あ、それから運動する。
以前も書いたがなかなか買い物する意欲がなくて、
スニーカーが履けなくなったから新しいの買わないといけないのに、
まだ買ってない。
でも買おう。運動しよう。
暖かくなってきたし。

ところで最近思うことは、やっぱり毎日続けることだな、ということです。
行動も思考も続けることで身体に染み込んでいくようです。

例えば今までは他人の行動がいちいち癇に障っていたけど、
(反応するな。他人の行動が直接物理的な影響を及ぼしているわけではない)と、呪文のように自分に言い聞かせていると、ある時本当に気にならなくなっている。

行動も同じようなものだ。毎日続けていると、それが習慣になってくる。いいことも悪いことも関係なく、いつのまにか無意識で、面倒だとも思わずに。

ということで、色々つづけてみようと思っています。
「やらなければっ!」という風に自分を脅迫するのではなく、「あ、そうそう」という程度のものでかまわないと思うので、無理のないように。

もうすぐ春だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。