日常

2人の先輩

仕事で絡む先輩が二人いて、この二人はそれぞれ社長と絡む。
現実湾曲フィールドを持っている社長に対して、全く異なる対応をする二人を見ていると、僕の進む道が見えてくるようだ。社長にどう対応するかで、この会社で長続きできるどうかが決まってくる。つまり、社長に振り回されて精魂尽き果てるか、社長の無茶振りを基本的にはかわしながらも、要所で受け入れて機嫌をとるか。
あぁ、そういう観点でみれば、器用か不器用かということだろうか。

しかし、経営者というのは本当に勝手でわがままで理不尽な生き物だな。
先輩の一人は社長から指示されたとおり作業をしたのに、「そんなこと言ってない」と責められてた。
いや、オレも確かに聞いたぞ。どんだけ現実湾曲するんだよ(`ε´)

その反面、もう一人の先輩ははっきりものを言う。
ただ単純にその違い。
ただし、はっきりものを言う先輩も、ちゃんと時と場合をわきまえていて、闇雲にくってかかるわけじゃない。
僕にもそれができれば、今後も平和に暮らせるかもしれない。

そんな先輩たちが、僕に色々ヒントを与えてくれる。有り難いことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。