日常

まだいるんだね、こういう人

今日昼ご飯を買うためにスーパーに行った。
おかず買ってレジに向かうと、僕と同じように昼ごはんを求める客のほか、
一般のおばちゃんたちも混ざり合って、レジには長蛇の列ができていた。

「あぁ、これで貴重な昼休憩が5分ほど無駄になってしまう」と思いながらも、
僕は数あるレジの中でも、最も並んでいる人数の少ない列を探し、
その最後尾についた。

僕が選んだ列は、現在会計をしているおばちゃんの後ろに、
おばあちゃんが一人いた。
そこで皆さんは「なんだ、『長蛇の列』って言っても、並んでいる人数すくないじゃん」 と思うかもしれないが、
並んでいるこのお二人。レジかごの中の商品が尋常じゃないのだ。
もはや「つかみ取り放題状態」で、てんこ盛りになっている。
これは普通の買い物4人分は時間のロスになる。
僕も列についてから気づいた。

しかし、気づいたのなら他の列に並べばいいではないかと思うが、
実は次の瞬間、他の列に並ぶ必要がなくなったのだ。
僕が列に並んだ直後、目の前のおばあちゃんが僕に気づいて振り向くと、

「あんた昼ごはんでしょ。先行きなさい」

そう言って順番を譲ってくれた。
僕は一瞬唖然としたが、すぐに何が起こったのか悟り、
おばあちゃんにお礼を言った。

そして再び。。。

僕がレジで会計をしていると、おばあちゃんの後ろに別の兄さんが並んだ。

「あんた昼ごはんでしょ。先行きなさい」

レジのお姉さんがその光景に微笑を浮かべる中、
お兄さんは恐縮しながらレジの順番を譲ってもらっていた。
僕から数えて5分以上、おばあちゃんはレジの前に立っている。
順番を譲り続けて、はや5分だ。

僕は会計を終えてレジを離れながら、おばあちゃんを振り返った。
おばあちゃんはレジの前に立っていた。
まるで今レジに並んだような、日常の真顔だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。