日常

天国とはどんなところだ?

今日懐かしい友人に会った。
たぶん5~6年ぶりぐらいの再会だと思う。
しかし、彼は全く変わっていなくて、笑顔も声も昔のままだった。

それはそうと、懐かしい友人が
帰ってきたということで、共通の仲間で集まろうという話になったのだが、そこからが大変だった。なかなかみんなの都合が合わないのだ。
日時をパズルのようにいじくり回してもダメ。結局未だに会合日は決まっておらず、懐かしい友人は時間切れで本来の居場所に帰って行くことになってしまった。

そこでふと思った。
「これが天国だったら、スムーズに決まっていたんだろうか。いや、そもそも天国とは、何をもって天国なのか?」

この世はとても天国には見えない。
なぜなら理不尽や不条理が日常に氾濫しているからだ。
この世では努力によって不公平を正すことはできない。一人の人間が持つ力は、悲劇的に弱く、正義が常に勝利するとは限らない。

ならば、天国ではすべては公平なのだろうか?
あっちが立ってこっちが立たないということはないのだろうか。
憂いのない日々を送ることが、実際に可能なのだろうか?
今回は仲間内の都合が合わなかったわけだが、そんな微細な理不尽さえ、天国では克服できるのだろうか。

もうほとんど仏教哲学の分野だが、そんな理不尽にすらこだわらない先に、本物の平安があるのだろうか。
であるなら、人間が日常の中で続けて行く進化の先は、天国ではないのだろうか。

しかし、それはちょっと寂しい。
願わくば、人間の進化がこの世の不条理や理不尽を克服して、みんなが安寧に暮らせる世界を作り出すことができれば、わたしも生きている甲斐がある。
わたしがこの世に残す痕跡が、たとえ微細な指紋だとしても、それが進化の道筋に影響を与えるかもしれない。
であればこそ、個人的な精進も無駄にはならないと考えれば、少しは救われるかな。

きっと現代人はこの言葉を聞きたがっているんだと思う。
曰く「君の人生は無駄じゃない」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。