休日の過ごし方

今日は祝日で仕事は休みだった。
休日の前日は「あれしよう」とか「これしよう」とか思うのだが、
いざ当日になってみると何もする気が起きない。

で、何をしているかというと、同じ映画を何度も見ている。
本を読む気さえ起きない。

そのくせ、時間はあっという間に過ぎる。
まったく困ったもんだ。

なぜこうもやる気が起きないのだろうか。
理由に心あたりがないでもない。
平日に精力を使い果たしているんだと思う。

そういえば、父親の姿と同じかもしれない。平日は帰りが遅いくせに、休みの日は一日中ゴロゴロしている。
どこかに連れて行けとせがんでみれば、十中八九は「こんどね」という答えが返ってくる。
当時は憤りを感じていたが、そういうことだったのかと今更思う。

この世は何かが間違っている。
みんな身を削って生活している。
裕福な人間でさえ、心まで平穏だとはとても思えない。
みんな何かを犠牲にして、もしくは誰かに犠牲を強いて生きているのだ。

僕はスタートレックのファンだ。
ファースト・コンタクト」という映画の中で、
メインキャストの一人であるピカード艦長は「24世紀に貨幣は存在しない」と言った。
人々は使命感で仕事をしている。つまりボランティアだ。

ではどうやって生活しているのか。衣食住はどうしているのか。

理由は簡単だ。衣食住を満たすインフラが整っているのだ。
科学技術の発展によって、衣食住はサービスを購入しなくても満たすことができる。
人々はインフラをメンテナンスできるだけの教養を持つことができる。
時間があるからだ。

現在でもフリーウェアやオープンソースという概念がある。
昔は◯万円も出さないと買えなかったアプリケーションが、今では無料で利用できる場合もある。
つまり、使命感や好奇心で何かを成し遂げる土壌はあるのだ。
そして、もし人々が衣食住を心配する必要がなかったとしたら、
精神面はもちろん、文明のレベルも大幅に向上することができるはずだ。

それを実現するためには、みんなが真剣にそういう生活を求めることだ。
そして、それを目指す社会を作ることだ。
今のままでは、幸福よりも不幸が先にやってくる。
その足音が聞こえている。カロウシビョウキジサツニートショウシカカクサナドナドナドナ…

はぁ、誰かレプリケーター発明してくれないかな。

映画「エターナル・サンシャイン」の感想

テレビで映画を放送する一番の利点は、隠れた名作に出会うことができる点にあると思う。
しかも深夜の映画は夜の雰囲気も相まって、結構名作に出会う確率が高い(いや、夜は関係なかった)

「ある日どこかで」も「心の指紋」も、みんな深夜放送だった。

そして、久しぶりに掘り出し物発見。それが「エターナル・サンシャイン」だ。

この映画を撮った監督はミシェル・ゴンドリーという人だが、この人は「僕らのミライへ逆回転」という映画を撮った人でもある。

さてこの映画、何が一番面白いかというと、僕個人としては消されていく記憶の描写と、ミステリーのようなストーリー展開と、物語のオチだ。
そして、その土台となっている哲学。

なんの予備知識もなく観た映画なので、無心で観ることができたのがよかったのかもしれない。
たった一つの予備知識とすれば「失恋の苦痛から逃れるために、恋愛の記憶を消す」ということだけだった。

あまり詳しく書くとネタバレになるので触れないが、僕はあのオチは最高に好きだ。
ストーリーが進むとある程度オチの推測はつくのだが、素直な伏線のおかげで違和感なく受け入れられる。

そして何より土台となっている哲学について。
キャラクターによって語られてもいるその哲学は、まさに現代に通じる哲学だと思う。

「忘却はよりよき前進を生む」(ニーチェ)

これを文字通り読めば、主人公達の行為は正当に思える。
だが、その過程を追っただけでは映画にはならない。
映画のストーリーとして成立させるためには、やはり価値観の逆転が必要なのだ。
その逆転を担うもう一つの哲学がアレグサンダー・ポープの詩だ。

「幸せは無垢な心に宿る。忘却は許すこと。太陽の光に導かれ、陰りなき祈りは運命を動かす」
(アレグザンダー・ポープ)

「忘却は許すこと」という部分の言語は「the world forgetting, by the world forgot」というので、もしかしたら本当のニュアンスは違うのかもしれない。
ちなみに、「太陽の光に導かれ…」という部分が、映画の原題である「Eternal sunshine of the spotless mind」で、「無垢な心の果てしない陽光」というらしい。
この詩が書かれたのは1717年らしいので、もしかしたら今の訳は通用しないかもしれない。
ただ、日本語訳でも十分意味は通じると思う。
つまり、ニーチェとポープを続けて読めばいいのだ。

忘却はよりよき前進を生む。
忘却は許すこと。

つまり、「忘却」=「許すこと」であり、「許すことでよりよい前進を生む」ということではないだろうか。
物理的に記憶を消し去るのではないのだ。記憶を消すだけでは、また同じことを繰り返す恐れがある。
そうではなくて、許すことでその出来事を手放し、次へ進もうということだ。
そして、これがこの映画のテーマであり、そのテーマだからこそ、映画のオチはあれで良い。
オチがあれで良いからこそ、伏線もキャラクターもあれで良いのだと思う。

とにかく記憶が消えていく過程は秀逸。
記憶が消されていく過程で登場した海辺の家のシーンで、主人公とヒロインが向かい合う姿には、キャラクターに同調してしまった。脚本も確かにいいが、演出も好きな方だ。

RPGでレベルアップするために戦いまくるのが苦手

ゲームは全般的に苦手なんだけど、特にRPGが苦手。
レベルアップしないと次のステージにいけないでしょ。行ってもこてんぱんにやられるだけ。
でも、レベルアップするためにはひたすらモンスターと戦わないきゃいけない。それが嫌だ。

…といっても、「レベルアップのためにモンスターを殺しまくるなんて非道い!」なんていうメルヘンチックな理由ではなくて、単純に退屈だから。同じ作業の繰り返しだからね。

たとえば、何か職人技を習得しようと思うとき、修行期間が10年とかいわれると気絶しそうになる。
マトリックス(映画)みたいに、瞬時にダウンロードとかできたらなぁと思うくらいです。

で、話は変わって私生活。
今はとてつもなく退屈でつまらない日が続いていますが、実はこれもレベルアップのための戦いなのかもしれません。
戦っている相手は沢山います。
容赦なくやってくる日々。出会う他人。数々の出来事。未熟な自分。
これらすべてと戦っているわけです。

昼休憩の散歩

昼食はおにぎりとほうれん草のバター炒め。
おにぎりといっても梅干と青菜のみじん切りが練りこまれていて、結構デカイ。
ほうれん草のバター炒めも、5口くらいで食べ終わる量だが、ポークの数片入っていて、卵で和えてある。おやつにサンドイッチの残り半分を食べるで、昼はこれくらいでちょうど良い。

で、軽い昼食はあっという間に終わり、昼休憩はいつも30分以上時間が余る。
そこで会社の近辺を散歩するわけだ。
最近は天気も良く気温も適温。散歩にはもってこいの日和だ。今まで歩いたことのない道をわざと選んで、適当に歩く。

時々迷子になりかけて午後の業務に遅れたりもするが、
そんなことは気にしない。3分遅れたからって何が変わるってんだい。

散歩は良い。
知らない道は面白い。
動くと暖かい。
坂道を行けば、運動にもなる。
なにより、散歩中は何も考えない。景色に気を取られているのだ。
一日中デスクワークの身には、大変貴重な時間になってます。

画像の下にできる隙間

スタイルシートを利用してデザインしていると、画像の下の方に妙な隙間ができることがある。
imgタグのmarginやpaddingを0にしても隙間が消えず、「なんじゃこりゃ」と思って色々探していると、どうやら「vertical-align」というものが悪さをしているようだ。いや、悪意はないんだろうけど。

この「vertical-align」というのは、行内における垂直方向に位置なんだそうだ。

たとえば「g」や「y」など、足が出るアルファベットが、ベースラインから足を突き出して表示するか、足までベースライン上に出すかを指定するものだ。

しかし、今回は画像のみで文字列は入力していないのだが、他に方法もないので、imgタグのスタイルに「vertical-align」を「bottom」にしてみた。

すると、隙間が消えた。
理由は不明だ。