小説作法

なぜ文章を書く仕事がしたいのか?

小説家というより、文章書きたいと強く思った。
ビジネスではなく、何が自分にあってるのだろうと、色々考えてきたが、
「これだ!」と思ったことがある。
いわば、ジャーナリスト。ノンフィクションかもしれない。
 こういう記事があった。
アメリカで、経済困窮者のペットについて、手術代などを援助する組織だ。
フェアリー・ドッグペアレンツというそうだ。
こういう組織を取材して、自分のブログにアップしたい。
また、可能であれば日本でも設立したい。
これだ。
こういうことがしたい。
ただし、食うためにはじめたら意味がない。
なぜなら、本当はしたくないことも、生活のため、金のためにはやらなければならない。
そういう生き方をしてまで、この世に止まる理由はない。それは死にたいとかじゃなくて、一種のポリシーみたいなものだ。
こういう一線を設けなければ、「金のためならなんでもしまっせ」的な企業や人間に成り果ててしまうのだ。
それだけはいやだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。