小説作法

執筆時間を確保する

昨日「朝早起きして原稿執筆の時間を作る!」と宣言しておきながら、早速挫折しました私ですが、みなさんいかがお過ごしですか?

だって!
朝は忙しいんですよ!

ってことで、やはり夜執筆することにしました。
23時から24時までの1時間を毎日。
これで少しは進むでしょう。

ただ、漠然と「執筆」というのでは、きっと何も進まないような気がします。
いざPCを前にしても、なかなか筆が進まなければ意味がない。

そこでルールを決めました。

「執筆時間は原稿を書く。それ以外のことはしない」

つまり、構成や構想は、執筆時間以外で行う必要があるわけです。

そこで1日のステップを決めます。

「通勤時間、昼休みなど、とにかく日中の空いた時間に、その日の執筆時間で書く内容を決める」

これです。

日中にその日の分の構成を行い、夜の執筆時間にその分を原稿に起こす。
このサイクルを毎日繰り返すことで、原稿をコンスタントに積み上げていく。

私はこのサイクルでいきます。
早速あしたから始めます。
だから今日はもう寝ます。

おやすみ〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。