さまよい歩く昼休憩②

昨日から続いてます。
マックスバリューでの休憩を諦めたところから。

さて次の日。
まず昨日までとまるで違うことがある。
それは弁当持ってきたこと。
やはり外食は高くつくので、可能な限り出費を抑えたかった。
給料が出ても、給料が上がっても、無駄な出費を許容する道理はない。
しかし、これが大正解だった。弁当といっても、おにぎり2個だが、なにせ手軽で美味い。
具はからし菜を炒めたものと梅干し各1個。
それに海苔を巻いてアルミホイルでくるんだものだ。炊いた米からおにぎりにするまで、賞味10分くらい。
まずは出勤してから、梅干し握りを朝ごはん変わりに2〜3口食べ、残りは冷蔵庫に。
で、昼休憩が始まると、そのおにぎりを持って外へ出る。
向かった先は会社から徒歩2分の場所にある公園。
この公園には屋根付きのテーブルがあり、そこに座っておにぎりを食べる。
ここもパブリック・スペースなので、先客がいる可能性はあるが、
マックスバリューはベンチがひとつだったが、ここはテーブルが2ヶ所あるし、
何より人間が少なかった。
僕はコンビニで買ったお茶を飲みながら(これも出費の一つなので、今後対策は必要だが)、
おにぎりを食べ、食後のタバコを吸った。だいたい15分ほどを、その公園で過ごす。
その後、さて残りの時間をどう過ごすかと考えていた。
残りの45分を公園で過ごす以外に、何かすることはないのだろうか。
そこで、色々と考えを巡らせた結果、僕は驚愕の事実に気づいてしまった。
今までは昼休憩をゆっくり過ごすべきと、勝手な思い込みをしていた。
理由は特にない。休憩だから休む。ただそれだけだった。
しかし、よく考えればとんでもない誤解だった。
仕事はほぼデスクワークだ。PCの仕事とはいえ、体を動かす作業ではない。
それなのに、なぜ休憩の時まで体を休める必要があるのだろう。
むしろ、仕事中は体を動かす機会がないのだから、休憩こそ動くべきではないのか。
僕は散歩をすることにした。
会社の近所を歩いた。
これがとても気持ちよかった。外は天気が良い。4月だというのに、腕まくりして歩けるほどの陽気だった。
お茶を飲みながらテクテクと歩いていると、途中でショッピング・センターを見つけた。
スーパーマーケットの他に、食堂やレストランがあった。
そのひとつにテラス席のあるレストランを見つけた。イタリアンのチェーン店で、まぁファミレスみたいなものだ。

僕は次の日、そのレストランに行ってみた。
ランチを食べた。恐ろしいことに880円も取られた。
日替わりのスパゲティーと、三角形のトーストと、サラダがついている。
飲み物はホットコーヒーを頼んだ。
料理はうまかったが、タバコを吸うためにテラスに座ったおかげで、
ちょっと困った出来事が起こった。
スーパーのお掃除おばちゃんが、掃除しているのだ。
仕事だとはいえ、レストランで食事をしている客がいるのに、
真横でほうきを振り回している。なんと無神経な人間だろう。
しかも、その日は休憩の間その店にいたので、
散歩した日より疲れてしまった。
やっぱり休憩は散歩するべきだ。体を動かすべきだった。

給料が出たら、たまにパスタを食べに来ればいい。
飲み物はテイクアウトできるらしいので、
店内で食事をした後、フタ付きの紙コップを持ってテラスに出れば、
おばさんがまき散らした埃も恐れるに足らない。
それ以外の日は、おにぎりを公園で食べ、その後散歩をする。
雨の日も公園でおにぎりを食べ、残りの時間は会社の駐車場でタバコを吸うことにする。
もしくはコーヒーだけ飲みにファミレスに行くか。まぁ、それは雨の日に決めれば良い。

こうやって、休憩時間の過ごした方が確率した。
所要時間はほぼ7日。つまり7回の休憩を経て、ようやく活路を見出したわけだ。
これで憂いが一つ減った。
残った憂いがどんなものかは知る由もないが、
減ったことは素直に嬉しい。

さまよい歩く昼休憩①

再就職してからの悩み事の一つに、「昼休憩をどこで過ごすか」というものがある。
今の会社は事務所が狭いので、昼休憩は外で過ごすことになる。
そこで、初出社以来過ごし方を色々模索してきた。

初日までは会社の中で食べようと思っていた。
事務所が狭いことは面接の時に判っていたが、昼飯くらいは食べられるだろうと考えていたのだ。
しかし、会社の人に外出を薦められた。確かに、狭い事務所内で他のスタッフが仕事をしているなか、とてもリラックスして休憩をとれる雰囲気ではなかった。
とうより、休めない。スタッフが少ないので、電話が来ればとらなくてはいけないし、来客があれば応対しなくてはいけない。
なにより、他のスタッフが皆さん休憩時間に外出するのに、僕一人だけその掟みたいなものに逆らうことは、一番の新参者としてできるわけなかった。
そこで、初日からいきなり予定が狂ってしまい、貴重な一時間をどのように過ごせばよいのか途方に暮れていると、僕に仕事を教えてくれる人が「近くに吉野家がある」と教えてくれた。
そこで、その日の昼飯は吉野家に決めた。

しかし、牛丼だけで一時間はつぶせない。しかも、僕の唯一の心の友である煙草が吸えない。
僕は15分ほどで牛丼を平らげ、早々に吉野家を後にすると、バイクに跨がって会社近辺の散策をすることにした。

バイクで近所を流していると、確かに喫茶店らしきものはいくつかあったが、毎日喫茶店では僕の予算が破綻してしまう。
そんな中で見つけたのがマックスバリューだ。
ここには喫煙所があり、ベンチもひとつあった。それに、小さい店だがマクドナルドもある。
その日はベンチにオッサンが座っていたので、僕は灰皿の脇で立ったままたばこを吸いながら、明日から休憩はここで取ろうと思った。

そして、その日の昼は終わった。

次の日、マックスバリューで休憩を取る気でいたのだが、よく考えれば確実に座れるとは限らないことを思い出した。昨日もオッサンが座っていたし、誰でも自由に座れるベンチだ。
しかし、これは致命的な欠陥だった。なぜなら、マックスバリューで弁当を買ったとしても、ベンチが埋まっていれば立って食べるしかない。それではさすがに昼休憩の意味がない。僕はその時まで、休憩とはゆっくり座って動かないことだと考えていたのだ。その点については、翌日新しい目が開くのだが、その日はまだゆっくり過ごすつもりでいたので、せめて昼飯はゆっくり食べようと思い、再び吉野家へ向かった。
するとなんと、その日から牛丼並盛りが380円から270円に値下げしていた。その値下げは1週間ほど続くらしい。半年無職の金欠病である僕にとっては、この上なく有り難い話だ。事実、昼飯代さえしんどい状況で(食い物よりも煙草を買うため(*´Д`*))近い内に弁当持参しようと思っていたくらいだ。
そこで、ひとまず牛丼を食べ、その後でマックスバリューへ向かうことにした。
天気は晴れ。ここ最近ずっと天気が良い。
幸い、その日はベンチが空いていたので、休憩中そこで過ごした。
過ごしてみて初めてわかったことだが、思いっきり居心地が悪い。
というのも、ひっきりなしに買い物客が行き交う。子供も多い。とてもゆっくりなどできなかった。

長くなってしまった。
というわけで明日に続きます。

残業がないっ

今の会社は残業せずに帰ってる。
必要とあれば、もちろん働く。そんなことは何でもない。
でも、無駄な時間は費やしたくない。
実際、今も若干の罪悪感がある。仕事放置したわけでもないし、帰るときに残っている人から白い目見られたわけでもない。
じゃあなぜということだが、答えは簡単。習慣です。
今までの会社は、定時で帰るなどあり得ん!という風潮だった。
忙しかったが、それは仕事のやりよう。成果物を正しく見ずに、労働時間だけで仕事量を判断すれば、そりゃ質に目がいくわけないよな。

ところが、今の会社にはそういう風潮がない。
むしろさっさと帰れと言われそう。
確かにクライアントがいる仕事なので、作業が集中する日は残業もしなければならない。その時は喜んでやる。仕事があるのはいいことだし、会社がつぶれてもらっても困るしね。

しかし、大抵は余裕で定時上がり。急な要件が入って30分ほど過ぎてしまうこともあるが、経験上そんなものは残業のうちに入らない。

小さな会社で従業員も極端に少ない今の会社。
必然、残業量の多さは覚悟していたけど、なんかほっとした。
どうやら人間的な生活が送れそうだ。まぁ、その分給料は低いけど、非人間的(残業だらけで自分の適正外のことまでやらされ、立ち止まって一息つく暇もなく、ただひたすら金儲けの歯車であることを強制され、生きた心地がしない)会社の高給より、適度な忙しさと、適度な緊張と、平和な人間関係に包まれた会社で、食うに困らない程度の給料もらった方が、個人的には性に合ってる。
若気の至りで会社でも起こそうかと思った時期もあったけど、今考えたらゾッとする。「できる訳ないじゃん」と、今なら思う。

しかし、僕は運がいいのか悪いのか、まったくわからんね。精神病んでるときに無理やり就職して、また同じことの繰り返しになる恐怖に苦しみながら、この1週間過ごしたけど、今は「なんとか勤まるかも」と思うようになってきた。
ただし、ここで調子に乗ると、また状況が180度変わってくるので、とりあえず期待もしないし希望も持たない。何の感想も持たずに、ただ瞬間を生きていくだけです。

後は個人的に金を稼ぐ方法を見つけよう。といってもビジネス系ではなく、どちらかといえばアーティスティックな方面で。
そっちの才能があるかどうかは、僕にもわからん。(^^ゞ

◎本日のノルマ
運動:昼休みに散歩。テレビ見ながら腹筋。
執筆:できんなぁ。

天気予報は当てにならんなぁ

天気の種類は当たった。
晴れだ。晴れすぎ。
外れたのは気温。これのどこが22度なんだよ。直射日光の下じゃあ、きっと30度近くあるぞ。

でもまぁ、昼間の話だし、曇れば寒いし、日が暮れても寒いし、まっいいか。
沖縄で天気のこといっても始まらない。変わりやすいだけならまだしも、色んな天候が同居する地域だからね。晴れてるのに雨降ったり平気でするもんね。

今日は自分が撮った過去の写真を、選別してはひたすらinstaglamにアップしてた。
午後に友達と会ったけど、それ以外はアップアップアップ。
はまるとこれだ。
で、しばらくすると熱が冷める。
最近熱が冷めたことといえば、ピザトースト。ほぼ毎日のように食べてたけど、今は作るのが億劫。
あっ、タイミング的には再就職してからだ。だからか?
でも、半年くらいは続いたのかな。
ピザトーストのブームは、これで2度目だ。

晩御飯はサラダ。最近野菜がやたら美味い。

さぁ、明日からまた仕事だ。相変わらず意欲は薄いが、instaglamにはまってるし、友達のも会いに行ったし、おまけに2時間半も話してたくらいだから、まったく前進してないわけでもなさそうだ。
そのうち昔みたいに色々動き回れる日が来ることを期待しよう。
いや、期待はまずいな。
なるようにしかならない人生だ。
人事を尽くさなければ、天命は待てない。かといって、どれだけ人事を尽くす必要があるのかもわからない中で、人間にできることといえば、日々人事を尽くすことだけだ。期待も希望も持つことなく、その時にできることをやる。
それで天命が来なくても、僕の責任じゃない。どんな人生送ったところで、帰る場所は等しく「無」なのだ。宗教的にはどうか知らないが、物理的には死んだら終わり。
次に生まれ変わったとしても、その人は名前も性別も才能も違う、完全な別人。
そう言い聞かせて今を生きる。

さて、これって前向きな思考なのか、それとも悲観してるのか、現時点では知る由もないが、少なくともそう考えることで、明日への一歩を踏み出すエネルギーを生み出しているような気はする。
あるいは、これを「達観」というのだろうか。

休み!

言いたいことを言えないと、つくづく無駄な不安に苛まれる。
なんと面倒くさい性格だろ、我ながら呆れてしまう。

今回の就職はハローワークに出ていた求人に応募したものだが、その求人情報の中で、「定休日、日祝他」と書いてあった。他には「週休2日制、毎週」「年間休日、119日」とあった。
それらを総合すると、「毎週日曜とその他1日が休みだが、祝日の場合はそれを合わせて週休2日」ということだろうか。
しかし、求人情報にはいいこと書いてあったが、実際は違うというのはいくらでもあった。むしろ、そういう会社の方が多かった。
実際、今の会社も、求人情報では業務時間が9時のはずだが、実は8時半だった。理由は9時が業務開始時間で、その前に掃除とミーティングするからだそうだ。
求人情報にそんなことは何も書いていなかった。
で、話を戻すと、面接の時に定休日の事を聞けばよかったんだが、面接の雰囲気が、なんというか、イニシアチブが会社側にあり、ここで定休日のことを質問したりすると、「こいつは休む気満々だな」と思われ兼ねなかったので、ひとまず求人情報を信用することにした。今考えれば、訊かなけばならない状況で、訊かずに逃げてしまったのだ。
その結果、真実が分かるまで悶々とすることになる。

仕事の前の打ち合わせで一度会社に行かなければならなくなった。
その時の日時調整が土曜日だった。
「やっぱり土曜日は仕事か」と、その時は思った。
しかし、すぐ後に打ち合わせの日時が土曜から金曜に変わった。
会社の人が言うには、「担当者が土曜から月曜まで休みだから」ということらしい。
だから、僕の初出社は火曜日の4月3日になったわけだ。
で、打ち合わせに言ってみると、以下のように言われた。

「担当者が最近ずっと土日も休まず働いていたので、今回連休をとることになった」

???
「土日も休まず」??

この時点で得た情報では、結局どういうローテーションで休みなのかわからなかった。

で、結局初出社から数日経ったある日、というか木曜日に、
同じ部署の人に「土曜日も仕事なんですか?」と尋ねたら、
あっさり「いや、休みだよ」と言われた。

僕は相手の反応を無駄に予測しすぎなんだろうか。
面接で普通に「で、定休日はどうなんてるんでしょう」と聞けばよかったのか。
いや、なぜ聞かなかったのか。
謎だ。

◎本日のノルマ
運動:してません。
執筆:してません。

はい、おっしゃる通り気合が足りません。反省します。